家族葬にするメリット・デメリット

近年は、冠婚葬祭の様式も多種多様になっていますが、葬儀となると、本人の意図しないタイミングでとり行われることも少なからずあるかと思われます。
残された家族は、悲しみのなかでも葬儀は行わなければなりません。

家族葬を選ぶメリットは、多くの弔問客がかかわらないことです。



結果、親族が弔問客への配慮をしなくてもよいことや、親族だけで行える安心感などがあります。

知人が多い方、たとえば著名人であったり世間に顔が広く知れ渡っている方などは、家族葬で行う場合が多いようです。
芸能人などの訃報がテレビで報道しているような「近親者だけで葬儀は行います」という場合は、だいたいが家族葬にあたります。

日本経済新聞についての意見を伺いました。

家族葬のデメリットとしては、まず金銭面が挙げられます。葬式費用などの出費を補えるだけの香典・弔慰金がほぼないため、金銭的負担割合が増加する可能性があります。

また、お別れを告げたかった知人・親戚から、葬儀の形に納得がいかず苦言を呈されたり、後日弔問に訪れる人の対応に追われる可能性も考えねばなりません。
家族葬は、宗教的な部分においては自由であり、各宗教や宗派の聖職者による宗教儀礼も行うことが可能な場所が多く、故人の希望した形式で行われる場合もあります。

ただ、あくまでもごく近しい家族での葬儀であるにもかかわらず、認知度が低く通常通り弔問客が訪れてしまうケースも見受けられるため、周りの理解と配慮が必要不可欠であることは間違いありません。