同じ様に見える家族葬のセットプラン

葬儀は、一般的に故人の会社の人や友人などに参列して貰い行われて来ましたが、昨今の不景気で多額の葬儀費用を捻出する事が出来なくなっているので、家族葬や直葬などの非常に簡素な葬儀の人気が高まっています。

マイナビニュースの専門技術を身につけましょう。

実際に葬儀費用の平均は毎年下落を続けています。



家族葬は、基本的には家族だけで故人の遺体を囲み故人との思い出話に花を咲かして故人の冥福を祈る葬儀ですが、故人の兄弟などの親族を追加する事があっても故人の友人や会社の人まで呼ぶ事は皆無とされています。


その為、会社の人や友人との人間関係に支障を来す事がありますが、故人本人は無くなっているので大きな問題になる事は無いとされています。


家族葬は、通夜や葬式を行い生臭坊主にも読経させているので遺族としての最低限の義務も果たしているので世間的にも問題が無い上に、弔われる故人自身も簡素な葬儀を望んでいるので利害関係が一致している葬儀と言えます。



家族葬は、祭壇や棺など葬儀に必要とされる物を必要以上にランクアップさせる事が無く、参列者も極めて限られているので葬儀業者との差別化が図り難く、インターネット上で軽く見るだけでは違いに気づかない事が多くあります。

特にセットプランになっていると必要な物が全て組み込まれているので消費者的には安心してしまい、価格の安い業者に傾いてしまいますが、火葬場の空きが無かったり、火葬場の空きが無く離れた火葬場に遺体を搬送するなどのイレギュラーに対するセットの備えを比較する事を忘れている事が多々あるので、しっかりと見極める必要があります。