各社が家族葬プランを設定

家族葬をおこなう人々が増えています。

現在では、従来型の葬儀は4割ほどで、家族葬はおよそ3割となっています。



わずか二十年ほど前までは、ほとんどが従来型の葬儀であったにもかかわらず、わずかの間にこれほど大きな変化があったわけですから、比率が逆転するのも近いかもしれません。
これにはインターネットの普及が大きく影響したと言えそうです。


それまでは葬儀をおこなう必要性が生じたとき、人々に葬儀形態や葬儀社の選択肢はあまりありませんでした。

特に葬儀形態は、従来型の葬儀一択という状況もありました。
著名人が家族葬をおこなったとか、密葬をしたといった報道に接して、そうしたあり方が可能だと認識しても、従来型の葬儀以外はまったく身近なものではなく、方法もわからず、誘導されるままに従来型の葬儀をおこなうのが一般的でした。
しかし、誘導されるままおこなった葬儀のあと、費用の不透明さに疑問を持つ人は少なくなかったようです。

疑問はあっても、それを周囲に漏らすのははしたないこととされる風潮もあり、葬儀というのは滅多におこなうことではないため、そのままにされてきた面もありそうです。

産経ニュースに関するお役立ち情報サイトです。

しかし、インターネットの普及で、その状況は一変しました。



人々は疑問を語り合う場を得、インターネットで葬儀事情を検索して、ごくわずかの時間で葬儀事情の内幕のような情報も知ることができるようになりました。インターネットでリーズナブルなプランや家族葬を提供する葬儀社も誕生し、選ばれるようになっています。