低廉な価格で行える家族葬

category01

家族葬というのは、亡くなった人の家族や遠くはなれた場所に住んでいる親戚、ごく身近にいた友人、知人といった、内輪の人々とのお別れということをメインとして、一般的な葬儀にありがちな、市議会議員や会社の社長、上司などといった人のあいさつや指名焼香、その他会社や学校、地域のさまざまな人々の参列などの、きわめて儀礼的な要素を可能な限り排除したスタイルの葬儀のことをいいます。
この家族葬というのは、亡くなった本人の生前の希望によって行ってもかまいませんし、遺族のほうの考え方で行ってもよいものですが、いずれにしても、これまでの一般的な葬儀とは違った、アットホームな雰囲気というのが、きわめて特徴的であるといえるでしょう。

最近話題の毎日新聞情報といえばこちらです。

ただし、家族葬だからといって、僧侶の読経や焼香などのすべての要素を排除するということではなく、基本的には一般の葬儀のミニチュア版として、ひととおりの内容は盛り込まれていると考えたほうがよいといえます。



そのいっぽうで、一般的な葬儀のように、おおぜいが収容できるような広い葬祭ホールなどは必要ありませんので、その分だけ費用的には割安になってきます。



どの程度割安になるのかというのは、プランの内容によってさまざまですので、いったん葬儀社に見積もりを提出してもらったほうがよいでしょう。


葬儀社のほうでも、いくつかのプランをあらかじめ標準のものとして組んでいるはずですので、相談をすればすぐに見積もりを出してくれるはずです。

知っておきたい情報

category02

日本の葬儀は、95%前後が仏教式で行われ、本来通夜と葬儀は家族や親族などの限られた人達が故人との思い出を語り故人の冥福を祈る儀礼とされ、故人の友人や会社の知人、遠縁の親族などの面識の無い弔問客は後日の告別式でゆっくりと故人との最後のお別れを惜しみます。しかし、現在では通夜や半通夜が告別式の役割を果たすケースがほとんどで、遺族がゆっくりと故人を偲び冥福を祈る時間がほとんど無くなったばかりか、弔問客の為の振る舞い料理の手配や接客などで肉体的な疲労や精神的なストレスを蓄積する上に、費用もドンドン嵩んでいきます。...

subpage

身に付けよう

category02

葬儀は、一般的に故人の会社の人や友人などに参列して貰い行われて来ましたが、昨今の不景気で多額の葬儀費用を捻出する事が出来なくなっているので、家族葬や直葬などの非常に簡素な葬儀の人気が高まっています。実際に葬儀費用の平均は毎年下落を続けています。...

subpage

納得の知識

category03

家族葬をおこなう人々が増えています。現在では、従来型の葬儀は4割ほどで、家族葬はおよそ3割となっています。...

subpage

サポート情報

category04

近年は、冠婚葬祭の様式も多種多様になっていますが、葬儀となると、本人の意図しないタイミングでとり行われることも少なからずあるかと思われます。残された家族は、悲しみのなかでも葬儀は行わなければなりません。...

subpage